2015.04.15更新


今回ケスラースカムの100倍拡大機能、虫歯菌が分泌するポルフィリンの数値による虫歯の深さ大きさ、歯の間の虫歯をレントゲン以上にクリアーに見える画像を紹介します
左上奥歯の間、自覚症状はありません


100倍に拡大すると
何やら線上の周りが薄茶色のがみえます

ポルフィリンを診るとその部位が要注意状態です

そこを別の機能を使うとレントゲンとは逆の画像でハッキリと白く映ります(レントゲンではなくカメラです。ですから
妊婦さんでも安心)

削ってみると 虫歯がでてきます そして虫歯染め出し液で染め出すと こんなかんじです

ポルフィリンをみると数値が多くなっているのがわかります

さらに削ると

そして最終的には白い材料を詰めて終了です
この状態の虫歯が数か月放置されて欠けたり症状が出てからだと1回治療では終わらないケースが多いです
(神経には近くらるし、歯肉の下に虫歯が入り込み接着剤が機能しなくなります)

最小限の治療で最大限の効果を得たい方は八幡台歯科医院へご連絡ください」


投稿者: 八幡台歯科医院

2015.04.13更新

当歯科医院ではカリエスとプラークの視覚化ができるマクロ機能付口腔内カメラを使用し治療を行っております。
また、ヘッドとを取り替える変える事でさまざまな撮影機能に対応できる高性能口腔内カメラです。

鮮明な画質により根幹内やヒビ割れなど細かい部分の状態の確認も可能です。
また、虫歯やプラーク(歯石)の着色機能を使用することで口腔内の状態をより的確に診断する事ができます。

カリエス部を撮影した結果は緑~黄色に色分けされモニターで確認する事が可能です。
また、数値で最近代謝物の程度が表示されるためカリエスの状態を推測できます。

投稿者: 八幡台歯科医院

2015.03.15更新

総入れ歯が完成した時点で普通の歯科医院では粘膜面のあたりの調整を主にしてセット次回調整となりますが
当医院では最も旬なかみ合わせ(装着時に近い体調の良い時の顎の動き)をゴシックアーチにとり 中心位(顎や筋肉が最もリラックスできる位置)を知り その位置で咬みあわせをみる咬合器に付けて咬み合わせ調整をして後日
お渡ししています。そうすることのより咬みやすく安定した入れ歯を使用できるようになります。

矢印の中心 穴のあけたところが中心位
それを咬合器に装着すると  コンな感じです いいのか?わるいのか?犬歯の先の形や全体の咬み合わせに注目。下の入れ歯です 緑の点が上の入れ歯とあったている箇所です 不安定かみ合わないのがわかります。
咬み合わせの調整後 左右均等に色がついているのがわかります。この状態が上下の入れ歯でのカチカチ咬んだ状態です

左右均等に緑色のしるしがあります。この状態ではあえて前歯は当たりません
横にスリすスリ擦れあわせたとき
に犬歯にあたりを出して犬歯を主役とします。赤い点です。
下顎を前に出したとき 麺を前歯できる感じですここでは初めて前歯が当たりだします 青色のしるしですこれが前で咬んでいる状態ですカチカチ奥歯で咬むとこんな状態です
糸切り歯の(犬歯)の形をみてください まるで数年使用した歯のようです これがいいのです

こだわりを持って入れ歯治療をしています 保険自費関係なく 入れ歯でお困りの方は八幡台歯科医院へご連絡ください

投稿者: 八幡台歯科医院

2015.02.18更新

2月15日 午後 以前より 興味がありました (あいうべ体操)の 今井 一彰 先生の 講演を聴講できました
今井先生は九州」で 歯科ではなく 内科、アレルギー科、リウマチ科で開業している 医科の先生です(みらいクリニック院長)  2年ほどまえから 歯周内科研究会の講演会の関係で臨床に取り入れていました 今回は 直接
本人から いろいろとお聞きすることができて 大変有意義 でした
入れ歯の場合は 10年まえより 咬み合わせ医療会での チュウ イー 体操 があり 目的は 同じだ  と 実感しました
今後も 口腔内だけではなく 周囲の筋肉をふくめた 治療方法を 継続したいと思います

入れ歯、歯周病のお悩みの方は 八幡台歯科医院へ

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.12.16更新

12月13,14 都内 白鳥歯科医院にて 全国から50人以上が参加して 咬み合わせ医療会後期定例会が行われました。
今回のテーマは <パーシャルデンチャーと残存歯の調和、調整>10人以上の先生、技工士のペレゼンテーション 本当にエネルギーをもらえる 良い内容でした。外は寒かった)ですが 診療室内は熱いトークがいっぱいでした。
来年 2月11日、3月21日 日本歯科新聞社が主催して 咬み合わせ医療会 代表の白石先生が 臨床咬合セミナーが開催されます 興味のある歯科医師、技工士の方は ぜひ 参加してしください。

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.10.25更新

一見小さな虫歯のようですがレーザーで虫歯部分を除去してみると意外に大きくこのような奥歯の間の虫歯治療の場合削って型を取り次回セットとなるケースが多いです(その奥の金属のように)

ぼそぼそした部分が虫歯菌が多くいる層ですステンレス[耳かき棒状)の器具でとり再度レーザー殺菌処置をします

間にはあとで清掃性がよくなるように(フロスが通りやすくするため)マトリックスを挿入して

白いプラスチック製の樹脂を充填し1回で終了です

通常は奥歯のように金属の2回治療が多いようです


なるべく痛みを少なくレーザーによる1回治療を希望の方は
木更津の八幡台歯科医院までご連絡ください

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.09.27更新

ホワイトニング施行前
(通常よりも茶系が濃い差し歯色見本ではC4)
2回施行後(2日間それぞれ10分X2)標準の色差し歯色見本ではA3
他のホワイトニングに比べると効果あり と思います(個人差はありますが)診療室内のホワイトニングなら木更津市八幡台歯科医院

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.09.06更新

レーザー(Waterlase iplus)と光殺菌治療(Fotsan)を利用した虫歯治療の)紹介
1、下奥歯の溝のと奥から2番目の間にむし歯があります。 2、Water Laseで健康な歯質をなるべく残しむし歯のみを削除します(ドリルを使用した場合は大きき削るようになりかたどりして金属になるケース
がおおいようです)

3、虫歯予防のためにこの削除した部分にFotsanの光照射(トリイブルー塗布)



4、白い詰め物を充填して終了です


最小限の治療で1回終了やはり)レーザーや光殺菌は欠かせません
  木更津の八幡台歯科医院へご相談ください

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.08.03更新

半年まえから受付窓口に置き始めました<つまようじ歯ブラシ>V7使いやすいと評判です。
先がV型で細くなっていて長くもたないか?とも思っていたのですがケースに入れとくと数か月使用可のようです。
歯のすいてる方や親知らづが斜めにでてきて磨きにくい方には最適だと思います。

投稿者: 八幡台歯科医院

2014.07.16更新

根の治療や 歯槽膿漏、むし歯にたいしてお薬を使わず痛みもない体に優しい治療の1つとして光殺菌治療を行える治療器(FotSan630)を設置しました。

当医院が使用するFotSan630は光殺菌治療において世界をリードするCMSデンタル社(デンマーク)の製品です。
ドックベストセメントや他のレーザー装置と併用することによりさらに治療効果が上がると考えています。

投稿者: 八幡台歯科医院

前へ 前へ
staff staff blog